The Weeknd(ザ・ウィークエンド)『Earned It (アーンド・イット)』

スポンサーリンク

お金と交換する割り切った関係のはずが、大きな愛の予感。

2015年4月4日付 The Official UK Singles Chart 第9位(8週チャートイン・最高位 第3位)。
2015年4月11日号のbillboard The HOT100 第5位(14週チャートイン・最高位 第5位)。



今日は、以前アリアナ・グランデと『Love Me Harder』でコラボし、注目していたThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)『Earned It(アーンド・イット)』を紹介します。



この歌は、映画『Fifty Shades Of Grey(フィフティ・シェイヅ・オブ・グレイ)』のサントラに収録されており、Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)の『Love Me Like You Do(ラブ・ミー・ライク・ユー・ドゥ)』と共にイギリス、アメリカで大ヒットしている模様。


この歌を聴いて、映画を観に行った人もいるのではないでしょうか。


私は、この映画を観ておらず、たまたまラジオで聴いただけなのですが、魅惑的なサウンドで、一気に異世界へ誘われるような感覚を覚えました。


イントロのストリングスの音色だけでも、インパクトがあります。


「earned it」とは直訳すると、「働いて稼いだ」という意味がありますが。
そもそも、映画『Fifty Shades Of Grey』は、サディストの性的嗜好を持つ大富豪の男性と知り合い、主従契約を結ぶものの、だんだん魅かれ合ってゆくというストーリーです。


Cause girl you’re perfect
(君は完璧で)
You’re always worth it
(値打ちがあって)
And you deserve it
(それに値する女)
The way you work it
(やりたいようにすればいい)
Cause girl you earned it
(だって もう君は受け取るに値する女だから)
Girl you earned it
(受け取るに値する女なんだよ)

と歌われており、このサビの歌詞は、美しく魅惑的な娼婦に関する歌といってもよいかもしれませんが。


最後は、
On that lonely night
(孤独な夜)
We said it wouldn’t be love
(僕らはこれは愛ではないと言った)
But we felt the rush
(でも 僕らは急襲を感じ)
It made us believe it was only us
(僕らだけの世界があると信じた)
Convinced we were broken inside, inside
(互いに傷ついた内側の存在を確信した 内側に)

と、割り切った体の関係のままでいるつもりが、恋に落ちてしまったかのように締めくくられています。


ミュージックビデオももろにSMを打ち出していますので、お子様がいらっしゃる所では、くれぐれも見ないようにお願い致します(汗)。



けれども、官能的な世界が美しく上品に秘密めいて描かれていて、まさに芸術的。


味わい深く、切なさと欲望が入り混じったミステリアスな歌を、こんなに歌いきれる人ってなかなかいないと思うのです。


好き嫌いは分かれがちかもしれませんが、ぜひ一度聴いてみて。



The Weeknd(ザ・ウィークエンド)『Earned It ~Fifty Shades Of Grey~(アーンド・イット)』のiTunesリンク↓。








押すと、Happy Returns to YOU♪
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
にほんブログ村

洋楽ランキング



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする