OneRepublic(ワンリパブリック)『I Ain’t Worried(アイ・エイント・ウォーリード)』

スポンサーリンク

悩みすらも楽しめる男になったよ。

2022年8月20日号のbillboard The HOT100 第19位(9週チャートイン 最高位第19位)

2022年8月19日分 UK Official Singles Chart Top100 第6位(12週チャートイン 最高位第6位)

【追記】2022年9月24日号のbillboard The HOT100 第8位までランクアップ!

2022年9月9日分 UK Official Singles Chart Top100 第3位までランクアップ!

今回は口笛とクールなサウンドが耳に残る、OneRepublic(ワンリパブリック)の『I Ain’t Worried(アイ・エイント・ウォーリード)』をおすすめします。

OneRepublic(ワンリパブリック)のバイオグラフィーを簡単にご紹介。

ワンリパブリックはコロラド州で結成された6人編成のロックバンド。

シンセサイザーやチェロ、パーカッションなど多様な楽器を演奏できるメンバーを揃え、他とは一味違ったバンドとして活躍しています。

音楽プラットフォーム「My Space」で楽曲が注目を集め、2007年にデビュー。

Timbaland(ティンバランド)とコラボした『Apologize(アポロジャイズ)』がグラミー賞にノミネートされ、収録されたアルバムはプラチナを達成。

2013年にリリースしたサードアルバム『Native(ネイティブ)』はビルボードチャート第4位を記録し、シングルカットの『Counting Stars(カウンティング・スターズ)』は世界中で大ヒットを記録しました。




とにかく俺は何も心配していない。

タイトルの「I Ain’t Worried」は「俺は気にしてなんかいない、不安なんてない」みたいな意味になります。

「Ain’t」はbe動詞(is・am・are)+not、have(has)+notの短縮形、do(does)+notの短縮形として使われるスラング。

現在形や過去形などの時制を気にせず使えるので、一度覚えてしまうと便利かもしれません。

歌詞をすべて和訳してみると。

I don’t know what you’ve been told
(君が何て言われたのか知らない)
But time is running out
(でももう時間切れ)
No need to take it slow
(ゆっくりする必要なんてない)

I’m stepping to you toe to toe
(俺は君のつま先からつま先へと踏み込んでいるよ)
I should be scared honey maybe so
(怖がるべきなんだ ハニー 多分そうだろう)

But I ain’t worried ‘bout it right now
(でも今は心配していないんだ)
keeping dreams alive, 1999, heroes
(夢を持ち続けて生きる 1999年のヒーロー)

I ain’t worried ‘bout it right now
(今は心配していないんだ)
Swimmin in the floods,dancing on the clouds,below
(洪水の中を泳いで 雲の上下で踊って)

I ain’t worried bout it
(俺は心配なんてしていない)
I ain’t worried bout it
(俺は心配なんてしていないんだ)




I don’t know what you’ve been told
(君が何て言われたのか知らない)
but time is running out
(でももう時間切れ)
so spend it like its gold
(だから金のように使うだけ)

I’m living like I’m nine-zeros
(90年代の自分を生きているようさ)
Got no regrets even when I’m broke
(破産しても後悔しない)

I’m at my best when I got something
(何かを見つけたらベストを尽くす)
I’m wanting to steal
(盗みたいと思うような)

Way too busy for them problems and problems to feel
(問題にするのに忙しすぎて問題だと感じない)

no stressing just obsessin’ with sealin’ the deal
(取引に執着するのと同時にただ悩んでいるから ストレスはない)

I’ll take it in and let it
(俺は引き受けるし そうさせるさ)

But I ain’t worried bout it right now
(でも今は心配していないんだ)

keeping dreams alive, 1999, heroes
(夢を持ち続けて生きる 1999年のヒーロー達)

I ain’t worried bout it right now
(今は心配していないんだ)
swimmin’ in the floods,dancing on the clouds, below
(洪水の中を泳いで 雲の上下で踊って)

I ain’t worried bout it
(俺は心配なんてしていない)
I ain’t worried bout it
(俺は心配なんてしていない)
I ain’t worried
(俺は心配なんてしていない)
oh no no
(していない していない)

I ain’t worried bout it right now
(今は心配していないんだ)
keeping dreams alive,1999, heroes
(夢を持ち続けて生きる 1999年のヒーロー達)

I ain’t worried bout it right now
(今は心配してないんだ)
swimmin in the floods,
dancing on the clouds, below
(洪水の中を泳いで 雲の上下で踊って)

I ain’t worried bout it
(俺は心配なんてしていない)
I ain’t worried bout it
(俺は心配なんてしていない)
I ain’t worried bout it
(俺は心配なんてしていない)

歌詞の内容としては、酸いも甘いも経験した男が危険や不安さえも楽しみ、人生を謳歌しているような感じだと言えるでしょうか。




『トップガン マーヴェリック』のシーンも蘇るMV。

この曲は、1986年に大ヒットしたトム・クルーズ主演の続編映画『トップガン マーヴェリック』のサウンドトラックに収録されており、シングルカットされた模様。

MVでもOneRepublicがビーチで歌うシーンと同時に、映画の名場面が随所に散りばめられています。

Youtubeのコメントを読んでも「この歌は映画を見ているのといないのとじゃ印象がまるで違う。観るのをおすすめします!」や「この歌はトップガン神話の一部となるだろう」などとあり、観た人々の熱気や興奮がすごく伝わってきて。

自分も観に行かなきゃ損?!だと思い始めています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする