Ed Sheeran(エド・シーラン)『Photograph(フォトグラフ)』

スポンサーリンク

君の写真を持ち歩き、遠くで働く僕の帰りを待っていて。

2015年7月25日号のbillboard The HOT100 第24位(9週チャートイン・最高位 第24位)。
2015年7月19日付 The Official UK Singles Chart 第22位(15週チャートイン・最高位 第1位)。



今回は、大好きなシンガーソングライターの一人でもあるEd Sheeran(エド・シーラン)『Photograph(フォトグラフ)』をおすすめします。




この『Photograph』は、遠くにいる恋人へ想いを馳せたラブソング。


写真は一瞬を切り取った画像ですが、この歌では恋人との大切な思い出のモチーフとして歌われ。
どこにでも持ち歩ける写真をジーンズのポケットに入れて、写真の恋人を見つめつつ「Wait for me to come home(僕が帰るまで待っていて)」という歌詞で綴じられているのです。


エド・シーランが奏でるサウンドも歌声もとにかく耳触りが良いので、何度でも聴きたくなってしまうし、聴けば聴くほど味が出てくる不思議な魅力があります。


そして派手で人目を引く華やかで派手な楽曲よりも、案外とこうした素朴ながらも飽きがこない歌を創作することが一番難しいと思うのです。


過去記事で、『Thinking Out Loud』も取り上げましたが、本当に素晴らしい曲をたくさん作っていますよね。


そんなエドですが、この『Photograph』のMVでは、赤ちゃん時代から現在までのエドの変遷を辿ってゆくことができるのです。


特に赤ちゃんの頃のエド、なんてかわいいの!


MVにはエドを見つめる親の温もりも混じり。
ラブソングとしてだけではなく、身近な愛する人々へ捧げる歌にも聴こえてくるのです。


X
created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン











スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする