Marshmello ft. Bastille(マシュメロ・フューチャリング・バスティル)『Happier(ハピアー)』

スポンサーリンク

君はきっともっと幸せになれるよ。

2018年12月29日号のbillboard The HOT100 第5位(18週チャートイン 最高位 第3位)
2018年12月21日分 UK Official Singles Chart Top100 第58位(38週チャートイン 最高位 第2位)

今回は何だかとても心が落ち着く一曲、Marshmello ft. Bastille(マシュメロ・フューチャリング・バスティル)の『Happier(ハピアー)』をおすすめします。

マシュメロのバイオグラフィーはKhalid(カリッド)とのコラボ『Silence(サイレンス)』で紹介した時を読んでいただくとして。

なんともいえないマスクがトレードマークのマシュメロですが、様々なアーティストとコラボしては世にヒット曲を送り出しています。

バスティルはイギリスのロンドンで結成された4人組の ロック・バンド。

2013年に発売したシングル『Pompeii(ポンペイ)』が大ヒットしたので、洋楽好きなら知っている人も多いはず。

こちらはイレイジャーヘッド風の髪型をしたボーカル兼シンガーソングライターを務めるダン・スミスが印象的。

この『 Happier(ハピアー) 』は、マシュメロとダンのほか、Ed Sheeran(エド・シーラン)の『Shape of You』やP!nk(ピンク)の『What about us』などを手掛けたSteve Mac(スティーヴ・マック)との共作となっています。




君に笑顔になってほしいから、僕は前向きに君から離れるよ。

『Happier(ハピアー)』とは、「もっと幸せに」という意味。

歌詞を和訳してみると…。

Lately, I've been, I've been thinking
(最近 ずっとずっと考えてるんだ)
I want you to be happier, I want you to be happier
(君にもっと幸せになってほしいって 君にもっと幸せになってほしいって)

When the morning comes
(朝が来て)
When we see what we've become
(僕たちの行く末が見えて)
In the cold light of day we're a flame in the wind
(現実的に考えてみると 僕らは風の中の炎だ)
Not the fire that we've begun
(その炎は僕らが点けた訳ではない)
Every argument, every word we can't take back
(すべての口論 元通りにすることはできないすべての言葉)
'Cause with the all that has happened
(すべてはもう起きてしまったことだから)
I think that we both know the way that the story ends
(僕らの物語が終わることを互いに分かっているよね)

Then only for a minute
(時間が少し経ったら)
I want to change my mind
(僕の気持ちを切り替えたい)
'Cause this just don't feel right to me
(こんな感じは正しいと思わないから)
I want to raise your spirits
(君を励ましたい)
I want to see you smile but
(君の笑顔が見たいけど)
Know that means I'll have to leave
(僕が去らなくちゃいけないことも分かってる)
Know that means I'll have to leave
(去らなくちゃいけないって分かってるんだ)

Lately, I've been, I've been thinking
(最近 ずっとずっと考えてるんだ)
I want you to be happier, I want you to be happier
(君にもっと幸せになってほしいって 君にもっと幸せになってほしいって)

When the evening falls
(夜がやってきて)
And I'm left there with my thoughts
(僕は考えとともに取り残されてる)
And the image of you being with someone else
(君が他の誰かといる想像を描いて)
Well, that's eating me up inside
(僕をとても悩ませるよ)
But we run our course, we pretend that we're okay
(でも僕らはただ進み 大丈夫な振りをするんだ)
Now if we jump together at least we can swim
(今僕らがせめて泳げるのなら 一緒に飛び込めるよ)
Far away from the wreck we made
(僕らが造った難破船から遠くへ)

Then only for a minute
(時間が少し経ったら)
I want to change my mind
(僕の気持ちを切り替えたい)
'Cause this just don't feel right to me
(こんな感じは正しいと思わないから)
I want to raise your spirits
(君を励ましたい)
I want to see you smile but
(君の笑顔が見たいけど)
Know that means I'll have to leave
(僕が去らなくちゃいけないことも分かってる)
Know that means I'll have to leave
(去らなくちゃいけないって分かってるんだ)

Lately, I've been, I've been thinking
(最近 ずっとずっと考えてるんだ)
I want you to be happier, I want you to be happier
(君にもっと幸せになってほしいって 君にもっと幸せになってほしいって)
So I'll go, I'll go
(だから僕は行くよ 行くよ)
I will go, go, go
(僕は行くよ 行くよ)
So I'll go, I'll go
(だから僕は行くよ 行くよ)
I will go, go, go
(僕は行くよ)

Lately, I've been, I've been thinking
(最近 ずっとずっと考えてるんだ)
I want you to be happier, I want you to be happier
(君にもっと幸せになってほしいって 君にもっと幸せになってほしいって)
Even though I might not like this
(例え僕が幸せに出来なくても)
I think that you'll be happier, I want you to be happier
(君はきっと幸せになれるよ 君に幸せになってほしい)

Then only for a minute
(時間が少し経ったら)
I want to change my mind
(僕の気持ちを切り替えたい)
'Cause this just don't feel right to me
(こんな感じは正しいと思わないから)
I want to raise your spirits
(君を励ましたい)
I want to see you smile but
(君の笑顔が見たいけど)
Know that means I'll have to leave
(僕が去らなくちゃいけないことも分かってる)
Know that means I'll have to leave
(去らなくちゃいけないって分かってるんだ)

Lately, I've been, I've been thinking
(最近 ずっとずっと考えてるんだ)
I want you to be happier, I want you to be happier
(君にもっと幸せになってほしいって 君にもっと幸せになってほしいって)

So I’ll go, I’ll go
(だから僕は行くよ 行くよ)
I will go, go, go
(僕は行くよ 行くよ 行くよ)
※「In the cold light of day」…「酔いなどから醒めて、現実的に・理性的に考えてみると」

色々と口論やケンカをして、お互いに傷つけ合い、冷静になって考えたら相手を幸せにするには別れるしかない。
そんな結論を出したうえで相手の幸せを祈る…。
切ないながらも、どこか優しさに包まれる歌詞の内容と、ダンの温かみのある歌声にホッとする楽曲です。




人生のサイクルは巡り巡って、別の形で幸せを連れてくる

マシュメロはこの楽曲のMVについて、Twitterでこんな風に語っています。

I wanted this video to embrace the pain that we feel losing or sacrificing something and the cycle of life that comes with it. I hope this song and video can bring closure in any situation you may be and make us all happier.
(このMVには僕らが何かを失ったり、犠牲になったり、到来する人生のサイクルがもたらす痛みを包括したかったんだ。この歌があらゆる状況に直面しているかもしれない皆に終止符をもたらし、もっと僕らを幸せにする歌となることを願うよ。)

MVは、巡り巡って現れる人生のサイクルが描かれていて、とても心が温まる内容となっています。
悲しいこと、苦しい出来事が人生で起こっても、また何か別の形で類似する幸せに出会えるから心配しないで。
そんなメッセージが込められている気がします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする