スポンサーリンク

Lorde(ロード)『Green Light(グリーン・ライト)』

スポンサーリンク

新しい自分に出会える予感がするから、このまま突き進むわ!

2017年3月25日号のbillboard The HOT100 第19位(2週チャートイン・最高位 第19位)。
2017年3月17日分 UK Official Singles Chart Top100 第34位(2週チャートイン 最高位 第28位)。




3月は別れの季節。
卒業式や異動などで、これまで親しくしていた人々とさよならをした人も
多いのではないでしょうか。


または、新たな局面が訪れて、過去と決別し、自分らしく前進してゆこうと
決断した人もいるかもしれないですね。


今回おすすめする一曲は、約4年の沈黙を破って発表されたLorde(ロード)の新曲、
『Green Light(グリーン・ライト)』 。


私も大好きですが、世界中で大ヒットした『Royals』や『Team』、『Tennis Court』から、もうそんなに経つのですね。


Lorde(ロード)はニュージーランド出身の20歳(2017年3月現在)。


タイトルの『Green Light(グリーン・ライト)』は、「青信号」という意味ですが、
この歌は相手の浮気を知って、失恋したものの、
毎日が変わりゆく、または新しい自分がすでに内在するのを感じ取り、
前進してゆく心情を「青信号」に例えているようです。


または、Lordeはインタビューで、この歌について、
「この歌は、人生が変わったり、あなたが引き込まれがちだったバカみたいな出来事が
一瞬で変わる瞬間を表現しているの」
と答えている様子。


参考文献
4 things we learned about Lorde from her ‘Green Light’ release interview on Apple Music


失恋に限らず、変にこだわっていたことが、
精神的に吹っ切れて、急にどうでも良くなったり、
新しい世界が広がって、物事や人々を見つめる視点が変わったりする瞬間。
または、自分が変わったから、新鮮な心象風景が見えてくる瞬間。


この歌は最初はメロウでまばらなピアノとともに始まるのですが、
徐々に力強いビートでダンサンブルになり、
最後は希望をもたらすコーラスがGreen Lightへと導いてくれるかのよう。
上昇気流に乗ってゆく前触れとも言い表せるでしょうか。


マドンナのヒット曲、『Ray of Light』を彷彿とさせる構造でもありますね。
(※同じことを書いてた方がいました・笑)
Lorde: Green Light review – comeback track signals new dance diva direction


あと、Lorde自身がジャズにすごく影響を受けているので、歌い方も独特。


“But honey I’ll be seein’ you ‘ever I go”という部分のメロディも
「But honey I’ll」までは低音で歌い、
急に「be seein’ you ‘ever I go」はフワッと高くなる。


この歌を通して、Lordeの世界に浸っているうちに、
私たちも風通しの良い心で、春を迎えられるかもしれないですね。



Lorde(ロード)『Green Light(グリーン・ライト)』 のiTunesリンク↓。







押すと、Happy Returns to YOU♪
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
にほんブログ村

洋楽ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする