Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble(キアラ・セトル アンド ザ・グレイテスト・ショーマン・エンセンブル)『This Is Me(ディス・イズ・ミー)』

スポンサーリンク

誰に何て言われようと、これが私。

2018年1月13日号のbillboard The HOT100 第83位(初登場)
2018年1月12日分 UK Official Singles Chart Top100 第16位(2週チャートイン 最高位16位)
【追記】1月27日号 billboard The HOT100 第58位までランクアップ。
2月16日分 UK Official Singles Chart Top100 第3位までランクアップ。



今回は日本では2月16日に全国公開されるヒュー・ジャックマン主演の映画『The Greatest Showman-グレイテスト・ショーマン-』から、 Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble(キアラ・セトル アンド ザ・グレイテスト・ショーマン・エンセンブル)『This Is Me(ディス・イズ・ミー)』をおすすめします。



私を傷つける人がいても もう怖くない

生きていると自分らしくいることに自信を失ったりしますが、逆境に負けない気持ちを表すこの歌はとてもパワフルかつ本格的な歌モノです。


きっと勇気をもらえる人もいるのではないでしょうか。


歌詞を和訳してみると、
I'm not a stranger to the dark
(私は闇に慣れていない訳じゃない)
Hide away, they say
(彼らが言うの 隠れろって)
'Cause we don't want your broken parts
(壊れた部品なんていらないからと)
I've learned to be ashamed of all my scars
(すべての傷は恥ずべきだと学んだ)
Run away, they say
(彼らは言うの 逃げろって)
No one will love you as you are
(そのままのあなたを愛する人なんていないと)


But I won't let them break me down to dust
(でも彼らに私を粉々に壊させたりしない)
I know that there's a place for us
(私たちのための場所があるから)
For we are glorious
(私たちが光が輝くための)


When the sharpest words wanna cut me down
(ものすごく鋭い言葉が私を傷つけようとしたなら)
I'm gonna send a flood, gonna drown them out
(洪水を起こして 溺れさせるつもりよ)
I am brave, I am proof
(私は勇敢で 私自身が証なの)
I am who I'm meant to be, this is me
(私は私であるつもり これが私)
Look out 'cause here I come
(見て 私がここを通るわ)
And I'm marching on to the beat I drum
(私が叩くドラムの音に合わせて行進しているの)
I'm not scared to be seen
(見られることももう怖くないわ)
I make no apologies, this is me
(謝るつもりもない これが私だもの)


Another round of bullets hits my skin
(私の肌をまた銃弾が打つ)
Well, fire away 'cause today, I won't let the shame sink in
(まぁ 撃てばいいわ 今日はもう恥を沈めさせるつもりもないから)
We are bursting through the barricades
(バリケードを破って通るわ)
And reach above the sun (we are warriors)
(そして太陽に手が届くの〈私たちは戦士〉)
Yeah, that's what we've become
(そう それが私たちがなるべくしてなる姿)


Won't let them break me down to dust
(彼らに私を粉々に壊させたりしない)
I know that there's a place for us
(私たちのための場所があるから)
For we are glorious
(私たちが光が輝くための)


When the sharpest words wanna cut me down
(ものすごく鋭い言葉が私を傷つけようとしたなら)
I'm gonna send a flood, gonna drown them out
(洪水を起こして 溺れさせるつもりよ)
I am brave, I am proof
(私は勇敢で 私自身が証なの)
I am who I'm meant to be, this is me
(私は私であるつもり これが私)
Look out 'cause here I come
(見て 私がここを通るわ)
And I'm marching on to the beat I drum
(私が叩くドラムの音に合わせて行進しているの)
I'm not scared to be seen
(見られることももう怖くないわ)
I make no apologies, this is me
(謝るつもりもない これが私だもの)


...This is me
(そう これが私)


And I know that I deserve your love
(私はあなたの愛に値するの)
There's nothing I'm not worthy of
(私にふさわしくないものなんてない)
When the sharpest words wanna cut me down
(ものすごく鋭い言葉が私を傷つけようとしたなら)
I'm gonna send a flood, gonna drown them out
(洪水を起こして 溺れさせるつもりよ)
I am brave, I am proof
(私は勇敢で 私自身が証なの)
I am who I'm meant to be, this is me
(私は私であるつもり これが私)





マオリ族の血を引くキアラ

キアラ・セトルのバイオグラフィーを最後にご紹介しておきますね。


キアラ・セトルは、アメリカ・ハワイ州・オアフ島生まれの42歳(2018年1月現在)。


父親はイギリス、母親はマオリ族の血を引くニュージーランド出身だそうで、容姿からそんな様子もうかがえますね。


引用元:IMDb



2011年にミュージカル版の『プリシラ』でデビュー以来ミュージュカルスターとして活躍し、2013年には『Hands on a Hardbody』でトニー賞にノミネートされた経歴も持つほど。


キアラは『The Greatest Showman-グレイテスト・ショーマン-』にもレディ・ルッツ役で、なんと髭女というとてもインパクトのある役を好演しています。



最初にこの歌をもらった時、映画に与える影響が大きいことを察知したキアラは、この歌を歌うことがとても怖くなってしまったそう。


でも自分の人生を変えた歌でもあるから、今では本当に歌って良かったと感謝しているみたいです。


キアラ自身も『This Is Me』の歌のような感情を経験したのかもしれないですね。
参照元:キアラ・セトル、人生を変えた曲「This Is Me」がくれた“最高の贈り物”


☆追記☆
平昌オリンピックのフィギュアスケート・エキシビジョンでもフィナーレでこの『This Is Me』が流れ、大活躍していましたね!








スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする