Ed Sheeran(エド・シーラン) 『Thinking Out Loud(シンキング・アウト・ラウド)』

スポンサーリンク

2014年11月9日付 The Official UK Singles Chart 第2位(20週チャートイン・最高位 第1位)。
2014年11月15日号のbillboard The HOT100 第84位(4週チャートイン・最高位 第69位)。
【追記】2015年2月21日号のbillboard The HOT100 第2位までランクアップ!



今日はそんな寒さを吹き飛ばすような、とてもロマンチックで、心に火が灯るような温かみのある一曲を紹介。


イギリス出身のシンガー・ソングライター、Ed Sheeran(エド・シーラン)の『Thinking Out Loud(シンキング・アウト・ラウド)』です。



「Thinking out loud」とは、声に出した独り言、といった意味。
「loud」なので、小さい声ではなく、大きな声で相手にも分かるような独り言とも言えるでしょうか。


そしてこの歌詞においては愛する彼女なのか、すでに結婚しているのか分かりませんが、相手に聞こえるように、自分の気持ちを伝えているのです。


例え「年老いたとしても、君を愛し続けるよ」という誓いを捧げる歌詞が、メロウで優しいギターやピアノの音色によって、さらに柔らかくキラキラと輝いているようで。
聴いていて、うっとりしてしまうような一曲です。
結婚式などでも、大活躍しそうな歌ですね。



けれども、うっとりしてしまうのは歌だけではないんです!
MVでは、エド自身がダンサーの女性と華麗で美しいボールルームダンス(舞踏会で踊るようなダンス)を披露しており、ついつい見入ってしまいます。
そして、私は思うのです、「あれ、エドってこんなにカッコ良かったっけ?!」と。


エドはこのMVを制作するために、ダンスを猛特訓したらしいのですが、「このビデオを仕上げるまで、とてもイライラしたよ。今までこれほど何かをやめたいと思ったことはなかった。」と話しており、これだけ完成度の高いダンスを習得するために、かなり疲労困憊していた模様。


そんなエドの努力の結晶を感じられるMVです。










スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする